懐かしい銭湯の思い出

懐かしい銭湯の思い出

私がまだ小学生の頃、家の風呂の調子が悪かったこともありよく父と近くの銭湯に行っていたことがあります。

 

 

家で入っている風呂と違い当時の私は銭湯には色々な種類の風呂がありそれが楽しみで仕方がなかったです。

 

 

泡ぶろや水風呂、電気風呂など様々な風呂を楽しんだ記憶があります。

 

銭湯の設備の記憶

 

特に床から噴き出してくる泡ぶろがマッサージのような感じで気持ちがよく銭湯に行くたびに必ずその風呂に入っていました。

 

 

全てにおいて普段家で入る風呂と感覚的に全く違うため、いつも1時間くらいはいたと思います。

 

 

父からしたら早くしてほしかった部分もあったかもしれませんが(笑)
また、サウナもありましたが私は当時サウナには興味がなくまた別料金がかかるということもあり、利用したことは一度もありませんでした。

 

 

今思えば一回くらいは利用してもよかったと思います。

 

お風呂上がりも格別だった

 

そして、風呂上りに飲むフルーツジュースやコーヒー牛乳がこれまた最高でした(笑)
当時珍しい牛乳パックのふたがあるとなぜか集めていたこともあり、それも一つの楽しみとして銭湯に行っていました。

 

 

そんなことも含めて、父と行っていた銭湯はいい思い出です。

 

 

中学生以降全くと言っていいほど銭湯にいかなくなりましたが、たまにはまた銭湯に行って当時の気持ちを思い出してみたいと思います。